ハンガリーワインの葡萄品種
Spread the love

ハンガリーで栽培されているワイン用の葡萄品種は実にさまざま。ワイン通にもあまり知られていないものがいろいろあります。

ハンガリー原産のものと、この国の代表的な葡萄品種についてそれぞれの特徴を紹介したいと思います。

代表的な葡萄品種

 Furmint / フルミント (白)

貴腐ワイン、エッセンシアの原料として有名。ハンガリーワインを代表する葡萄品種。

Photo by Copyright Hideko

フルミントはトカイの原産地呼称下の中でも最も多く栽培されている葡萄品種のひとつ。それはしばしば、ハラスレヴェリューという品種とともにアスー※ワインの主な原料として使用されている。トカイのワインメーカーたちはスイートワインの消費量を減らすために、見事なドライフルミントの白ワインを生産することでそれに答えている。フルミントはハンガリー全土で生産され続け、偉大なドライフルミント(白)は、バラトンフュレド・チョパク、バダチョニ、ショムロー、マトラやエゲル地方で生産されている。

     Charactor / 特 徴

新鮮なフルーツの香り、熟すのが遅いフルミントはしばしば洋ナシと比較されることがある。そのはっきりとした酸味とアルコールによって、わずかに酸味のある個性的なワインが生まれている。

    Episode / エピソード

トカイ地方原産のフルミント種はその存在について、早くも1611年にトカイ・エルドゥベーニェでその品種の多様性に関する言及など、いくつかの証言が見つかっています。

Oraszrizling / オラスリズリング (白)

Photo by ©Hideko フェケテエステート、オラスリズリング・シングルヴィンヤード / バラトンフュレド・チョパク

最も栽培量の多い白ワイン用葡萄品種。オラスリズリングはその収穫量の豊富さから共産主義時代、中央〜東ヨーロッパで最も栽培されていた白ワイン用葡萄品種。オーストリアのWelschrieslingと同じ白葡萄で、現在もハンガリーで最も多く栽培されている品種。ハンガリーはオーストリアよりも温暖な気候のためか、葡萄の実がより大きくなるのが特徴的。主にバラトン湖周辺のワイン産地、バラトンフュレド・チョパク、バダチョニ、ショムロー、そしてエゲルでも、広範囲のエリアで栽培されている。

コフ・ワイナリーの中庭 photo by ©FinoMagazin

Add Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Budapest
1056, Hungary
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHungarianItalianJapaneseRussianSpanish