HUNGARY WINE
10.00-15.00 Mon-Fri
Menu

GRAPE TYPE OF HUNGARIAN WINES

  • vinyard
  • Oraszrizling
  • portugieser
  • Furmint Noble Rot Photo copyright ©Papp Hideko
  • Furmint Noble Rot Photo copyright ©Papp Hideko
  • Furmint Noble Rot Photo copyright ©Papp Hideko

ハンガリーで栽培されているワイン用の葡萄品種は実にさまざま。ワイン通にもあまり知られていないものがいろいろあります。ハンガリー原産のものと、この国の代表的な葡萄品種についてそれぞれの特徴を紹介したいと思います。

GRAPE TYPE OF HUNGARIAN WINE

ハンガリーワインのぶどう品種(白ワイン用)

Furmint Noble Rot Photo copyright ©Papp Hideko
Furmint Noble Rot Photo copyright ©Papp Hideko

Furmint フルミント

貴腐ワイン、エッセンシアの原料として有名。ハンガリーワインを代表する葡萄品種。フルミントはトカイの原産地呼称下の中でも最も多く栽培されている葡萄品種のひとつ。それはしばしば、ハラスレヴェリューという品種とともにアスー※ワインの主な原料として使用されている。トカイのワインメーカーたちはスイートワインの消費量を減らすために、見事なドライフルミントの白ワインを生産することでそれに答えている。フルミントはハンガリー全土で生産され続け、偉大なドライフルミント(白)は、バラトンフュレド・チョパク、バダチョニ、ショムロー、マトラやエゲル地方で生産されている。新鮮なフルーツの香り、熟すのが遅いフルミントはしばしば洋ナシと比較されることがある。そのはっきりとした酸味とアルコールによって、わずかに酸味のある個性的なワインが生まれている。【エピソード】トカイ地方原産のフルミント種はその存在について、早くも1611年にトカイ・エルドゥベーニェでその品種の多様性に関する言及など、いくつかの証言が見つかっています。

ROYAL TOKAJ ESSENCIA

Noble Rot Tokaj Aszu 貴腐ぶどう トカイ・アスー

フルミントの収穫時期を秋から冬と遅らせると貴腐菌がつく。貴腐菌のついたぶどうを原料に造られた天然甘口白ワインをトカイ・アスーと言う。アスーには、“しなびた”“シロップのような”という意味合いがある。
Puttonyos プットニョシュ
貴腐菌のついたぶどうは、プットニョシュという名前の26kg入りの背負い桶によって醸造所に運ばれる。その後、ゲンツィと呼ばれる136L入りの樽にワインが入っており、そこにプットニョシュの中の貴腐ぶどうを何杯分、加えたかによって、数字が変わる。
Essencia エッセンシア
エッセンシア / 世界三大貴腐ワインの1つ。450g/L以上と、糖度が最も高いエッセンシアは、貴腐ぶどうのみを使用した、極甘口ワイン。

この続きを読むには

Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHungarianItalianJapaneseRussianSpanish
error: Content is protected !!